Lenovo Yoga 11sのSSDを換装(容量アップ)してみた

私の使用しているLenovo Yoga 11sは Core i7(1.5GHz)+ メモリ8GB + SSD128GB のモデルですが、最近はデスクトップPCでやってる作業も行うようになりSSDの容量を圧迫し始めました。そこで、容量の大きいSSDに換装をしてみました。
たぶん、Yoga 11s どの型も同じだと思います。
なお、お約束ですが、これらの作業は自己責任です。Yoga 11sが壊れてしまっても私は責任取れません。
また、SSDも相性がありますので、その辺りの理解をお願いします。

ちなみに、SSDは mSATA(microSATA)です。
私は、こちらの商品を購入して使用しました。
Transcend SSD 256GB mSATA3 6Gb/s 3年保証 TS256GMSA370

【準備するもの】
・ドライバー + と T6
・新しいSSD(mSATA)
・「壊れても自己責任!」という強い心(^^;

【事前に行っておくべきこと】
現在 Yoga 11s に使用しているSSDの中身を各サイトを参考にして、新しいSSDに複製(クローン)してください。

 

【交換作業開始】

IMG_2761

1.まずは、背面のネジをすべて外します。T6ネジですので、ご注意ください。

IMG_2759

2.ゴム足を剥がすと、ネジが隠れていますので、このネジも外します。

IMG_2763

3.状態を戻し、キーボードを外します。
キーボードは、手前(タッチパッド側)から奥(モニター側)へスライドさせると外れます。

IMG_2755
4.キーボードが外れると、シールドが出てきますので、いくつかのネジを外して剥がします。

5.基盤の左上(中段)方向に、SSDがあります。ネジを外し、mSATA SSDを25度程度傾いたところで、引き抜きます。
そして、新しい、mSATA SSD に差し替えてください。

IMG_2757

6.上記手順を逆に行えば、元通りに完成です。お疲れ様でした。

自分のYoga 11sのスクリーンショットを掲載しておきます。

デバイスマネージャー画面
管理画面lenovo11s_ssd

【その後・・・】
1.余った古いSSDは、こちらの商品を購入してSSDドライブとして使用しています。(値段以上にいい作りですよ!)

2.内蔵ではなく外付けとして使いたい方は、これもお勧め。(スライド式なのですごく楽!)


miniUSB-B を microUSB に変換。変換アダプタ購入。

Sony Ericsson MW600/B ワイヤレスステレオヘッドセット を購入したら充電端子が microUSBでした。
さらに、iPhone用の追加バッテリーの充電端子もmicroUSだったので、これを機に、microUSB変換アダプタを1つ購入してみました。
家の中には デジカメなどに付属でくっついてくる miniUSB端子のついたケーブルがたくさんあるので、変換アダプタさえあれば十分。
で、早速 Amazonでポチ。
物はこんな感じです。
 
そう、これはウィルコムの携帯用としても売られているやつです。

 
電源のみならず、データ通信にも対応できるので、これにしてみました。
以前から買おうと思ってましたが、しょっちゅう品切れになっちゃうので在庫があるときに買っておくといいかも。都会に住んでいる方は、店舗で見かけたらゲットしておくといいかも。

ちなみに、Amazonでは400円ぐらいでした。

Sony Ericsson MW600/B ワイヤレスステレオヘッドセットを買ってみた。

僕のサイトから この Sony Ericsson MW600 を購入される方がいらっしゃったので、僕も気になり思わずポチッてしまいました。
導入目的としては、通勤時や家でのPC作業時、在宅時の気晴らしにいつでも音楽を聴いていたい。というのがその目的です。
色が黒と白の2つありましたが、黒にしました。(正確には、白にしたかったのに黒を選んでしまった。でも、いい感じ!)

製品の詳しい概要などはこちら(ソニエリのHP)をご覧ください。

で、早速レビューをしてみます。
まず、パッケージは....

非常にコンパクトにまとまってていい感じです。
取扱説明書によりますと、
「初めての場合には、付属の充電器で8時間程度充電してから使ってください」とありましたので、はやる気持ちを抑えて、まずは説明書通りフル充電させました。
ちなみに、本体の電源端子は microUSBですので、ケーブルを持っていればPCのUSB端子からの充電も可能!(僕は付属の充電器は初回だけ使って、箱と一緒にしまっちゃいました。)
※microUSBは日本国内で多い miniUSBとは違います!詳しくはこちら

ではでは、本題に...
まずは何より今回の導入目的の本命「iPhone 3GS で使えるか!」ということです。(iOSは4.3.3です)通勤時にradikoやiPodで音楽などを聴いていますが、ワイヤードな環境のため、いまいち身動きがぎくしゃくしちゃうんですよねぇ。それをワイヤレスにできれば、iPhoneを自在に操れるし便利&快適かと思ったのです。
[ 作業手順 ]
1.MW600の電源スイッチを押しっぱなしにして、MW600をペアリングモードにします。
2.iPhone 「設定」>「一般」>「Bluetooth」>「オン」

iPhoneにMW600が表示されますので、タッチすると...

いとも簡単に接続されます。これでおしまいw。
ではiPhoneのホームに戻ってちゃんと音が鳴るか試してみましょう。
まずはiPod機能を使ってみます。お気に入りの曲を再生してみましょう。

無事イヤフォンから聞こえていれば無事OK。もし、聞こえてない場合には画面右下に見慣れない表示がありますよね?それをタッチ!

すると、音声の出力先を選べるので、MW600にしてください。これでOK。
次に、動画はどうでしょうか?好きな動画を再生してみましょう。

これも、iPod同様ですね。問題なく音声が聞こえますね。よかったよかった。
ちなみに、音楽等のタイトルがMW600に表示されないものの、再生・停止・次の曲・前の曲・早送り・巻き戻しの動作ができることを確認しました。

余談ですが、radikoもOK!でした。

iPhoneでの動作は確認できたので、次はPCとの接続をしてみます。
僕のPCは自作機で、Bluetoothは「Planex BT-micro3E1X」というのを使っています。
ここで注意。MW600の説明書を見ると HSP(ヘッドセット)とHFP(ハンズフリー)の両方が選べる場合には、HFP(ハンズフリー)を選んでください とありますので、ペアリングに迷ったらHFP(ハンズフリー)をまずは選びましょう。僕はHSPを選んでしまい、そしたらHFPに設定し直すことができなくなり、BT-micro3E1Xのドライバごと削除するはめになりました。

画面ではHSPに接続されていますが、まずはHFPでペアリングしてくださいね。そうするとHFPもHSPも自由に切り替えることができるようになります。

充電の保ちですが、片道1時間の通勤往復を2日 家で3時間PCタイム(1*4+3*2=10時間)でも 充電は切れていません。なかなかいいですねぇ。(こまめに充電してあげたほうがいいのでしょうが・・・)

あと、海外仕様のものを並行輸入して安く手に入れることができますが、FMラジオが日本の周波数帯になっておらず、日本国内のFMラジオは聴けないようです。日本国内用であれば全く問題なしです!
僕は朝どうしても聴きたいラジオ番組があるので、このFMラジオ機能は外せない機能でした。radikoが聴けない時が多いので、、、、。

付属のイヤフォンはカナル型です。あんまり高級感はありませんが、わりと音をきれいに出力してくれている気がします。もともと、リビングで聴く訳じゃないのでそんなにこだわる必要もないでしょうけど。
そうそう、イヤフォンと本体は分離できるので、好きなイヤフォン(ヘッドフォン)を装着することができるのもいいですね、

iPhoneかPCに接続だけさせて、MW600で音楽聴きながら部屋中うろうろ。掃除機かけたり靴洗ったり。普段の生活が少しだけ楽しくなった気がします。

久々にPCを新調しました。

?

ここしばらく、MacBook Pro(2007)で頑張っていたのですが、ちょっと僕のやりたいことをするにはマシンパワー不足。そしてなにより、妻のネット専用機になりつつあり僕が触って上げられないので、やむを得ずPCを一台組んでみることにしました。
予算がないので、とりあえず最新型ではなく1つモデル落ちを狙ってパーツをそろえてみました。
マザボは、ASUSの P7P55D-E EVO
廉価版的な存在ですが、僕の好きそうな装備はしているので、即決。
メモリは、CFDの4GBx2枚
グラボは、玄人志向の GeForce 460GTX(追加電源1個仕様)

写真にはHDDが載っていませんが、1台は
日立 HGST Deskstar パッケージ版 3.5inch 1TB 32MB 7200rpm 0S02601
もう一台は
WesternDigital CaviarGreen 3.5inch 5400rpm 2TB 64MB SATA/3.0Gbs WD20EARS-R

よくいく某大型店で地域限定セールで2つで11,000円と超破格でゲット。ラッキー。

ケースは、AntecのDF-35をチョイス。(デザインで即決でした。)
電源は、EVERMAXの600W
基本的な部分にはお金をかけました。

で、システム(OS)用にSSDを購入!
CFDのSSDを購入。SATA3.0に対応しているというので楽しみ。
組上後ベンチマークを走らせてみた・・・

特にチューニングもなく、ただベンチ走らせただけですが・・・。
結構 速いっす。

ちなみに、OSはWindows 7 Pro.(64bit)
Vistaよりは快適だぁ。

Apple Magic Mouse 買ってみた。

IMG_1176.JPG

?買ってしまった。
以前使っていたBluetooth対応マウスは娘になめられたり、投げられたりして壊れてしまい、
やむを得ずかなりしょぼい有線マウスを使っていましたが耐え切れず、ポチッとしてしまいました。
MacBook Proで動作確認後、Windows Vistaでも確認。
そして、今回購入にいたった本当の目的!そうPS3でのブラウジング!
PS3でもばっちり動作しました!
いやぁ、ワイヤレスって楽チンですねぇ。

iPhone のために apple wireless keyboard を購入してみました。

僕の使っている iPhone 3GS に iOS 4を導入して、Bluetoothキーボードが接続できるようになったので、試しにApple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/A??を購入してみました。(ついでに、フルフラットキーボードカバー・Pure Touch Key Protector #201 for Apple Wireless Keyboard / PTKP201 も買っちゃいました(^^;)

ディザリング方法は簡単。
【初回】
1.iPhone 側の Bluetooth をオン。
2.apple wireless keyboard をオン。
3.iPhoneの画面に 接続するキーボードを認証するためのコードが表示される。
4.apple wireless keyboardで上記コードを入力
5.iPhoneにapple wireless keyboard の接続が確認され表示されます。
以上で終わり。

【2回目以降】
1.iPhone側のBluetoothをオン。
2.apple wireless keyboard をオン。
以上。

・・・・簡単すぎるー。
で、いざ使ってみると・・・・。
キーボード入力すると、iPhoneの入力画面下にある入力パッドが消え、画面が広く使えます。
いやぁ、新鮮。
そして、ファンクションキーでiPod機能がつかえます!
さらに光学ドライブイジェクトボタンで、ソフトキーボードのオン・オフができちゃいます。
メールはおろか、長文の入力も全然 苦にならないっす。
しかし、、、、、しばらく使っていて思ったのですが、iPhoneに搭載されている辞書があまりにもお粗末なものだと思いました。なんか、昔のx68kの・・・・・あ、ask68kを思い出すなぁ。

[iPhone]トイカメラ アプリ おもしろいなぁ

今更ながら、iPhoneの トイカメラ アプリ 「Hipstamatic」をDLして遊んでいます。
撮影した後のデータをいろいろ加工するアプリはあるのですが、撮影時に選べるものは少ないんですよねぇ。
このアプリは撮影時にレンズとフィルムを選んで組み合わせることができます。あ!あとストロボも!
しかも、ランダムというのもあり、撮影時に レンズとフィルムとストロボ(たぶん)の組み合わせがランダムになるものもあります。
どれも、いい感じで 撮影が楽しいです。
参考までにいくつかアップしてみます。
(センスないのはご勘弁を・・・・)
IMG_6807_2.jpgIMG_2126.jpg

eneloop(エネループ) USB出力付きリチウムイオンバッテリー KBC-L2AS を買ってみた。

以前 iPhone用のバッテリーを購入して使っていたのですが、僕の環境ではiPhone以外にもバッテリー切れの心配があるものが多く、今回、この商品を購入してみました。(当記事の投稿後に新型の商品が発売されました!ページ下のリンクをご覧ください)
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2AS
IMG_8930.jpg
商品のパッケージと商品の大きさ比較はこんな感じです。大きさ(面積)はiPhoneより少し小さい感じでしょうか。
IMG_1272.jpg
厚さはこんな感じです。裸のiPhoneと比べるとちょうど倍ぐらいの厚さでしょうか?(写真はケースが付いたままですけど・・・)
KBC-L2ASへの充電手段は、USBか専用アダプタで可能です。
個人的には付属USBケーブル+iPhone付属のUSB変換コンセントからの充電方法が、ベストかなぁと思います。

昨年 子供のお遊戯会を Xacti HD-1000 で撮影してたら、やっぱ1日はもたないんですよねぇ。ハラハラしながら撮影するのも嫌なんで、購入してみたわけです。
ちなみに、Xacti HD-1000 の本体にある電源端子は 5V の小さい端子で、PSP(PlayStationPotable)の端子と一緒。
すなわち!PSPのUSB充電ケーブルがそのまま使える!!・・・ということは、そう!この eneloop KBC-L2AS にそのケーブルを差し込めば、Xacti も充電できちゃう!やっほぉ~い!
これから、息子と娘の入園式や七五三・・・・・その他イベントいっぱい(かもしれない)。
とりあえず、大切なその時を逃したくないので、いい保険ができたかなぁ。
モバイル(携帯)ツールを多くお持ちの方には、ぜひ!オススメしたいです。

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2AS
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2AS

※新しい商品が出ました!
 この記事へのアクセスが多く、型落ちの商品をご購入されてしまうのも申し訳ないので、新型をご希望の方はぜひ、以下のリンクをご利用ください!
 なんとUSB2口使って1A出力できるようになってます!(iPhoneとかの充電も少し早くなる!)

Manfrotto(マンフロット) カメラスタビライザー 797 Modopocket を買ってみました。

コンパクトデジカメでの撮影で、普段はミニ三脚(安いやつ)を使っていたのですが、イマイチアングルも決まらないし、持ち歩く(携帯する)のに不便だったので、たまたまWeb上で目にとまった、この商品を買ってみました。

商品パッケージはこんな感じ。まず、三脚(正確には違いますけど)とは思わないデザインのため、店頭にあっても気づかないかも・・・・。

IMG_5249.jpg

商品自体はこんな感じで真ん中から左右(この場合、上下ですけど)にパカっ パカッっと開きます。
右の赤いネジ(アルマイト加工されてる)で、手持ちのコンパクトデジカメのネジ穴に装着します。
写真からもわかりますが、約2cm程度スライドできるので、大半のコンパクトデジカメで使えるのではないでしょうか?
写真の左側のネジ穴は、三脚や一脚などに取り付けるための物です。
すなわち、このカメラスタビライザーを装着したままでも、三脚に対応できちゃう!すばらしー。

で、我が家に転がっていた Canon IXY DIGITAL 600 に装着してみました。
足の前後バランスを変えればおのずとアングルが決まります。

子供の誕生日などのイベントや、定点撮影なんかに効果ありそう。
収納時はカメラにつけっぱなしでもOKですが、分離して持っていても邪魔にならない大きさです。
さすがに財布に入れるぐらい薄いというわけではありませんけどね。

Manfrotto カメラスタビライザー 797 Modopocket
Manfrotto カメラスタビライザー 797 Modopocket