HONDA “Prelude”

プレリュードの写真


–>


僕の人生に大きくかかわったプレリュード Type-S

購入からお別れまでの写真を掲載します。

デジカメ画像が消えてしまったりしているため

残っているものからの抜粋です。

時代の移り変わりを体験してください(笑)

’98年 8月購入当時の画像です。

1年落ち、走行距離 5000km

当時はフロントのデザインがあまり好きでなく、

まさか乗ることはないだろうと思っていましたが、

実際に「乗ってよし!」

「走ってよし!」

「赤エンジン!」

「リアデザインよし!」

ということで購入にいたりました。(笑)

フロントバンパー ・・・ ワイズスポーツ

サイドステップ ・・・・・ 無限

リアアンダー  ・・・・・ 無限

エキマニ    ・・・・・ 無限

マフラー    ・・・・・・ 無限

当時、RS-Rのダウンスプリングも装着していたのですが、

あまりにも車高が落ちすぎて、ワイズスポーツのフロントバ

ンパーと地面との差が指3本程度しかなくなったため、純正

バネに戻しました。

今、こうやって見直すと、このままで充分決まってる

ような気がする・・・。

というか、僕がやりすぎか?

まさか、あんな姿になるなんて、この当時にはとても

考えられないよねぇ。

もうちょっと、横から撮ればよかったのですが、まぁ

当時はこんな写真ばっかり。

プレのサイド~リアにかけてのデザインは非常に

キレイで近年のデザインのなかでは相当質の高い

デザインだと思います。

当時、誰もがこのリアデザインで4th(先代)のフロント

だったら最高なのになぁ と口にした。リアデザイン。

僕もこのデザイン大好き。

あぁ、無限マフラーが懐かしい。

ここからまた道がそれて行った・・・・(笑)
ひょんなことから、首○高を走るようになり、とあるチーム

の一員でもありました。

辰巳での貴重な写真(笑)

夜11時半 某所集合

楽しかったなぁ。

深夜から朝まで、チームの仲間やその日出会った人たち

と走ったり、車の話で盛り上がったり。

今思うとここでの生活が今後を変えたんだよなぁ。

チームの仲間から譲り受けた

RECARO SR-III

純正とは比べ物ならないぐらいよかった。

でも重かった(笑)

上から数ヶ月、今度はインテRの赤レカロに変わりました。

当時は、なんでもTYPE-R化が流行っていたなぁ。

僕らはあるいみ先駆けだったのかも。

あぁ、懐かしい。

突然の合流・逆バンク・渋滞 さまざまな状況を

一瞬の判断のもと越えていくあのスリルはなか

なかだよねぇ。

よくタコ踊りしてまわりに迷惑をかけたっけなぁ。

(反省)

PFC(Prelude Fan Club) との出会い

なんといっても PFC(Prelude Fan Club)との出会いがなければ僕は

ここまで楽しいカーライフを送れなかったかもしれないし、ここまで多くの

人たちに出会い、支えられることはなかっただろう。

PFCのイベントなどについては、PFCのホームページや各プレリュードオーナーの

ホームページで紹介されていますので、参考にしてください。

別のページで紹介したいと思います。

99年5月 仙台 菅生国際サーキットにて
サーキットとの出会い

首○高を走っている時から いつかはサーキットデビューしたい と思っていた矢先

芝浦PAでとある方々と出会い、

「サーキット走らない?」と

声を掛けていただいたのが、きっかけかもしれない。

初めて「筑波サーキット」を走った時の写真。

テープの張り方からマナーまで、諸先輩方に

いろいろお世話になりました。

ベルノフレンドリークラブの走行会にも参加

このときは確か純正タイヤで

1’12″フラットぐらいだったような?

サーキットでは有名な写真屋さんに撮ってもらったもの。

あのころはあのカメラマンも駆け出したばかりだったんです

よぉ。

「撮らせていただいてもいいですか?」

っておっしゃっていたんですから。いい人です。

後ろから1枚。

やっぱリアかっこいいなぁ。

日光サーキットにも行くようになりました。

タイムは結局 45秒12と 結局45秒を切れずに

手放してしまいました。(涙)

そういえば過去に下手なインテに左側面を突っ込まれた

っけなぁ。

あの時は痛かった。あれから怖くなっちゃったんだよなぁ。

レーシングスーツの買えない貧乏な僕は

ピットスーツで走るようになりました(笑)。

汚れても全然気にならないしね。

ちなみに、この時すでに、左側面は大破

しています。僕が邪魔で写ってないけど(笑)

ほんとショックだったなぁ。

ツインリンクもてぎにも顔をだすようになりました。

GT RUN&ATTACKというイベント日だと安く走れる

んですよぉ!最近はだいぶ知れ渡ってしまい混んで

るようですけどね。(フェラーリやポルシェなんかと

混走させられどきどきしますけど)

何年か前の年賀状にも入れた写真です。

プレでのベストは結局、2’26”2・・・

なんだか恥を知れ って感じっすね。

だって、茂木はスピードレンジが高くて怖いんだもん。(泣)

ちなみに写真の左にいるGT-Rのオーナーさんと

僕は同じ名前でした(笑)

けっこう筑波でも一緒に走ったり、いい方です。

ちなみに400PS仕様だそうで・・・はぁ・・・。

速いんだこれが。(腕もいいんですけどね!)

JAFのライセンスも取得し、競技にも参戦。

レギュレーションでGT-Rやインプレッサ・ランエボなどの

ターボ勢と走ることに・・・・。

結果は30台中12位だったかな?

「夏はすぐ熱もっちゃってだめだ」とか

「タイヤのパターンがうんぬん」

「オイルの粘度がうんぬん」とか

うんちくのうるさい連中が多くて嫌になりました。

うんちくの前に腕だろ。

車は速くても扱えなくちゃねぇ。

(あんまり人のこと言えないけど・・・)

この写真のときは走ってませんが、PFCの方々でも

サーキットを走られる方が多く。連れて行ってもらったり

アドバイスを受けたりと大変お世話になりました。

フロントに17インチ+Sタイヤを装着して走った時の写真。

1ヒート目は車高が狂ってって、スピンしまくりで迷惑をかけ

即ピット。

2ヒート目は汚名挽回。

3ヒート目調子がでてきたところで、本日終了(^^;

1’10”0だったからまぁいいか

でも、ドラシャのブーツが切れていたい出費だった。

車高調を新調して初めてのモテギ。

最低地上高3cm・・・・いいのか?

前々日は雪(笑)

モテギでの走行技術講習に参加しました。

走行技術講習の後はモテギの東コースをアタック!

お昼もついてるし、ピットも使えるし、これで2万は

安いと思う!

各パーツの写真
購入当時のエンジンルーム。

ピカピカ輝いています。

無限のエキマニが更に目を引きますねぇ。

家での作業は主に歩道・・・ってオイ!

タイヤ交換や簡単なパーツの装着はこんな感じ。

手放す1年前に、サーモバンテージを巻いてみました。

その効果を試すこともなく、手放してしまいました。

当時としては、珍しかったインテR・シビックRの

Spoon4ポットキャリパー移植。

基本的にボルトオンですが、純正ホイールが履けなく

なってしまうので、ぼくは20mmのスペーサーをかまして

いました。

キャリパー交換+ステンメッシュブレーキホース交換で

その制動力と安定性が向上しました。

脇を通っているダクトはモテギ対策用に設けたブレーキ

冷却ダクトです。(毎回コースアウトして、どっかに飛んで

いっちゃうんですけどね(笑))

これも、手放す1年くらい前に装着。

日本で5台分しか出荷されていない、クァンタム製の

サスペンション。バネはSwift製を使用。

僕のはCRをベースにした特注品。

リアは超ショートストローク加工

多分2~3cmぐらいしかストロークしません。

バネはフロント20k リア16k

車高調を標準設定にして、純正ホイール+タイヤだと

車高が低すぎるので、しかたなく17インチ+45タイヤを

装着。これでなんとか最低地上高9cmをぎりぎりクリア。

(実際にはマフラーの継ぎ目の部分は6cmでしたが)

標準設定でフェンダー被ってます(^^;

ホイールとタイヤのサイズは

17インチ 8J +33 225/45

こちらはリア、こちらも被ってます(^^;

ホイールとタイヤのサイズは

17インチ 7.5J +43 225/45

さすがに、キャリパーも余裕です。

しっかし、このRAYS CE28N ほんと軽くて

いいですよぉ。

たぶん このサイズでタイヤつけても純正

16インチより軽い気がする。

中古で購入のSP-G

左右に体を動かしても、ちっともきしまない

その作りと質の高さに圧巻。

ブリッドやスパルコだとミシミシ言うもんなぁ。

あと、TAKATAのハーネスもやわらかくて

よかった。

次もまたTAKATAを購入することだろう。

ペダルはホンダアクセスのオプションでした。

ですが、アクセルには社外のペダルを重ねて

装着しています。

これは、ヒール&トゥーをするときに、あおりやす

くするためです。

僕、骨が硬いんで、足がつりそうになるんですよ(笑)

ライト点灯時のメーターです。

カメラに収めてみたら以外にもかっこいいので公開。

助手席側からもう1枚。
トランクからの1枚。

SP-Gの後姿ってけっこうかっこいいんですねぇ。

お菓子のおまけについてきたクマのぬいぐるみ?

僕の誕生日のクマさんなんですよ。

17インチ装着時の画像
駐車場にて...
正面図

普段あまり気にしてなかったのですが、ずいぶん

フェンダーが出てたんですね。

うーん、車高低いなぁ。

キャンバーもつけすぎたかな?

ちなみに4度もついてます。

大好きなリアもいつのまにやらデカイ羽が(笑)

バンパーのシールはなくなり、「PRELUDE」の

文字まではがして、すっきり。

少々アンダー気味な写真ですが、

うまく伝わるかどうか疑問ですが、このアングル

すきなんですよぉ。

女性でいえば くびれ部分とでもいいましょうか、

プレが「おっ!」と思える一面なんです。

いい具合にフレアが発生して撮れました。

背景がまずいな(笑)

アパートの前でパシッ!

みんなワゴンとか、1BOXなのに我が家だけ

クーペなんだよねぇ。(しかも超爆音)

個人的にはお気に入りな1枚。
実家の前の道路にて。

フロント擦りそうだ・・・・。

テストコース(仮名)にて
近所にあるテストコース(仮名)での画像。

以前はパーツが変わる度にここでテスト走行

してたので、いつのまにやらテストコースと

名づけてしまいました。

地元では有名で、ここに黒いスポーツカーが

現れたらご連絡ください by K察

だったそうですよ(笑)

でも、僕はタイヤ痕とかは付けないから、きっと

僕じゃないもっと悪質なやつがいるんだろう。

もう、現れないから安心してください。地元のみなさま。

サーキットでの写真(筑波サーキット)
サーキットでの写真(ツインリンクもてぎ)
記念撮影

感謝してもし切れないたくさんの思い出をありがとう

また、PFCをはじめ、この車を通じて出会えた多くの方々 大変お世話になりました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA